稲盛和夫さんの生き方に学ぶレジリエンスの授業

稲盛和夫さんの生き方に学ぶ
レジリエンスの授業

京セラ及びKDDIの創業や、JALの再建といった経営者としての顔とともに、盛和塾での後進の育成や、京都賞の創設等、社会的活動でも知られる稲盛和夫氏。しかし、氏の人生は決して、順風満帆だったわけではありません。特に青少年期は、中学・大学受験を失敗、結核にかかる、など、苦難の連続でした。氏は、その苦難を折れない心で潜り抜けただけでなく、苦難を自らの試練と捉えて正面から向き合い、成長のバネとしてきたように見えます。

何度も挫折し、思い悩みながらも立ち直り、自分の道を選び取ってきた稲盛氏の生き方は、保護者からまさに守られ大切に育てられたからこその“弱さ”をはらんだ、現在の中学生~大学生(ファーストイヤー等)に、実社会で生きていく勇気を与えてくれるのではないでしょうか。

そんな思いからRITA LABOでは、稲盛氏の前半生にスポットを当て、「稲盛和夫さんの生き方に学ぶレジリエンスの授業」を開発しました。実践協力校での実証実験の結果を反映し、このたび、教案として公開します。ご自身の現場で活用いただければ幸いです(実践いただく際、お問い合わせフォームまでご一報いただけると助かります)。

  1. 狙い
    少年期から青年期にかけて、多くの挫折を味わいながらも、逆境から学び、あるいは逆境を受け入れて前進し、京セラを創業した稲盛和夫氏。本授業では、そんな氏の生き方からレジリエンス(折れない心・復活力)やPTG※について学ぶとともに、稲盛氏および仲間(クラスメイト)の視点・考え方を知ることにより、「同じ事実も、人によってさまざまな捉え方がある」「視点・考え方を変えれば、問題解決の道は必ず開ける」「失敗や挫折・苦難は成長へのステップである」というマインドセットの重要さに気づき、共感・理解することを狙いとしています。さらに、子どもたちが自らの「逆境からの立ち直り体験」を振り返り、仲間に語ることで、自分自身の「失敗から立ち直る力」「試練を乗り越える力」を再確認、「人生にはいろいろなことがあるが、自分は乗り越えていける」という自己肯定感・自己効力感を醸成していきます。併せて「他者に貢献すること(利他の心)」がレジリエンスを高めることを知り、利他の心の大切さに気づいてもらうことを、ストレッチ目標としています。※心理学や精神医学の分野では、失敗や苦難から学び成長することを、PTG(Post-traumatic Grow 心的外傷後成長)と呼ぶ。
  2. 中学生向け45分×3回の授業の教案
    レジリエンス授業_教案201902 
    1時間目_スライド201902
    2時間目_スライド201902
    3時間目_スライド201902
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter